チェルシーに所属するベルギー代表GKティボー・クルトゥワが、FWアルバロ・モラタのデビューについて語っている。

チェルシーは25日、インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)でバイエルン・ミュンヘンと対戦。前半に3失点を許し、2−3で敗れている。クルトゥワは試合後、『Goal』の記者に対して「前半が良くなかった。簡単に3失点を喫してしまったからね。でも後半は良くなったね。だからこそ2点を奪えた」と話し、試合を総括している。

また、この試合では後半から新加入のモラタが途中出場し、チェルシーデビューを飾った。クルトゥワはこのように話し、期待をうかがわせた。

「彼はまだチームに来てから数日だ。僕らのスタイルを学ばないといけない。でも危険な存在だし、能力はある。とても良いストライカーだし、これから多くのゴールを決めてくれるだろう」