ウナイ・エメリ氏が、自身がアーセナルを率いた際の補強について言及した。

2018年夏にパリ・サンジェルマン(PSG)からアーセナルの指揮官に就任したエメリ氏は、1年目で5位フィニッシュとなり、チャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得できず。翌シーズンには成績不振により、2019年11月に解任の憂き目に遭った。

アーセナルは2019年の夏にDFダビド・ルイスやDFキーラン・ティアニー、FWガブリエウ・マルティネッリらと共に、補強の目玉としてリールから7200万ポンド(約93億円=分割払い)を費やしてコートジボワール代表FWニコラ・ペペを獲得。しかし、エメリ監督は、クリスタル・パレスのコートジボワール代表FWウィルフリード・ザハの獲得をより望んでいたと、イギリス『ガーディアン』で明かした。

「我々はペペを獲得した。彼は良い選手だ。ただ、我々は彼のキャラクターを知らなかった。彼には時間と忍耐が必要となった」

「私は、リーグを知っていて適応に時間がかからない選手を望んでいた。ザハは一人で試合を決めることができる選手だ。トッテナムやマンチェスター・シティ、我々を相手にそれを示してきたようにね」

「私はザハに会ったし、彼も加入を望んでいた。クラブは将来を見据え、ペペの獲得を決めた。私は言ったよ。『私たちは今、試合に勝利していくためにこの選手(ザハ)が必要だ』とね」

ペペは2018-19シーズンにリーグ・アンでの38試合で22ゴール11アシストをマーク。しかし、プレミア1年目の今季は苦戦しており、リーグ戦24試合の出場で4ゴール6アシストにとどまっている。高額移籍金に見合う活躍はできていないが、まだ24歳だけに今後の飛躍に期待したいところだ。

【関連記事】
● DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
● DAZN(ダゾーン)をテレビで見る方法7つを厳選!超簡単な視聴方法を紹介
● DAZNの2020年用・最新取扱説明書→こちらへ  ┃ 料金体系→こちらへ  ※
● DAZN番組表|直近のJリーグ放送・配信予定  ☆
● DAZN番組表|直近の海外サッカー放送・配信予定  ☆
● Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News 』の提供記事です
「☆」は提携サイト『 DAZN News 』の提供記事です