フランクフルトのアディ・ヒュッター監督が、長谷部誠の契約延長を望んだ。ドイツ『スカイ』が伝えた。

現在、絶好調のフランクフルト。20日には王者バイエルン・ミュンヘンも2-1と下し、11試合負けなしとしている。その中で存在感を放っているのが長谷部だ。バイエルン戦でもフル出場し、現地メディアでは高評価を獲得していた。

そんな長谷部だが、フランクフルトとの契約は今季終了まで。以前から契約延長の可能性が伝えられているが、ヒュッター監督はバイエルン戦後に改めてベテランの残留を希望した。

「37歳で週に3試合に出場しているなら、もう1シーズンは残ることができる」

なお、長谷部は以前にも「アイントラハトでプレーし続けたいと思っています」と語っており、契約延長は秒読み段階。来季もフランクフルトでプレーする姿を見ることができそうだ。