レアル・マドリーが、パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペの獲得オペレーションを練っているようだ。スペイン『AS』が報じた。

かねてからムバッペに対する強い興味が伝えられてきたレアル・マドリー。2022年6月までとなっている選手とPSGとの契約はここまで延長されていないものの、新型コロナウイルス禍が続く中で世界屈指のスターを獲得するのは経済面で大きな負担を強いられることになる。

そこで、レアル・マドリーは保有する選手たちを売却することで少しでも多くの資金を捻出することを考えているようだ。伝えられるところによれば、すでに移籍がうわさされているイスコやギャレス・ベイル、ルカ・ヨヴィッチに加えて、マルセロやブラヒム・ディアス、ダニ・セバージョスらが売却候補に。レアル・マドリーは1億〜1億5000万ユーロ(約126億〜189億円)を選手放出で得たいと考えている模様。現在、クラブはコロナ禍で収入が激減しているが、来シーズンには通常レベルの収入に戻ることを見据えているとのことだ。

また、ムバッペ獲得に要する移籍金はいまだ見えてこないものの、PSGはネイマールをバルセロナから獲得した際の2億2200万ユーロを超える歴代最高額を求める可能性もあるようだ。一方で、レアル・マドリーは来夏に契約年数が残り1年となることを受けて、1億5000万ユーロほどでの獲得に挑戦する構えだとのことだ。