新型コロナウイルス陽性と診断されていたユヴェントスFWクリスティアーノ・ロナウドが、陰性となった模様だ。

C・ロナウドは10月上旬、ポルトガル代表に招集された後に新型コロナウイルスの検査で陽性反応を示す。その後は隔離状態で欠場が続き、28日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)のバルセロナ戦直前の検査でも陽性のまま。この大一番にも間に合わなかった。

だが現地時間30日、ユヴェントスはC・ロナウドについて、最新の検査結果で陰性となったことを公表している。

「ロナウドは検査の結果、陰性と診断された。従って、自宅隔離の状態が解かれました」

ユヴェントスは11月1日に第6節スペツィアとのアウェー戦が控えているが、現時点でC・ロナウドがこの試合に出られるかは不透明。31日に改めて詳細なメディカルチェックを受けたうえで、チーム復帰となる見通し。