パリ・サンジェルマン(PSG)のトーマス・トゥヘル監督が、多くの負傷者発生についてコメントしている。フランス『Canal+』が報じた。

PSGは25日、リーグ・アン第3節でトゥールーズと対戦。試合には4-0と快勝したものの、キリアン・ムバッペやエディンソン・カバーニらが負傷交代に。アブドゥ・ディアロも脳しんとうの疑いで交代となり、多くの負傷者が生まれた。

トゥヘル監督は試合後に「ムバッペとカバーニが深刻かどうかはわからない」としつつ、理由についてコメントしている。

「一つだけではない。これらは様々なケガであり、多くの行動が理由だ。理由を探さなければならない。いつもそうだ。現時点で我々は強いので、がっかりしている。このケガは痛いし、難しくなる」

また、この試合を欠場し、移籍の噂が絶えないネイマールについても言及。「状況は明確ではない」とし、次節のメス戦のメンバー入りについて「私がする決断ではない」とクラブの決定であることを強調している。