チェルシーのDFギャリー・ケーヒルは、アルバロ・モラタのデビューについてポジティブな印象を語っている。

チェルシーは25日、インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)でバイエルン・ミュンヘンと対戦。前半に3失点を許し、2−3で敗れている。ケーヒルは試合後、『Goal』の記者に対して後半から出場したモラタについて話した。

「彼のような素晴らしい選手が来たのはいいことだね。チームを強化してくれることに何の疑いもない。彼はすでに若くして多くのものを勝ち取っている。彼とともにやれることにワクワクしているよ」

また、今夏からチェルシーへ復帰し、ケーヒルとともに最終ラインを形成したアンドレアス・クリステンセンは敗戦を過度に気にとめることはない。

「後半から少し良くなったね。前半は難しかったけど、雰囲気は楽しめたよ。1試合に過ぎない。楽しまないといけないし、状態を上げていかないとね」