バイエルン・ミュンヘンとドルトムントが30日、ドイツ・スーパーカップで激突する。

例年は新シーズン開幕前に行われる一戦。2020-21シーズンはコロナによる影響もあり、ブンデスリーガをすでに2試合消化している時点で行われることとなる。バイエルンは開幕戦でシャルケを8-0と下したが、第2節のホッフェンハイム戦では1-4とまさかの完敗。ドルトムントも直近の試合でアウクスブルクに0-2と敗れており、ともに再スタートを切る意味でも重要な戦いとなる。

バイエルンは膝を負傷したリロイ・サネの欠場が決定済み。また、筋肉系の問題により、ダヴィド・アラバもスタメンを回避することとなりそうだ。一方で、ホッフェンハイム戦で先発を外れたロベルト・レヴァンドフスキ、レオン・ゴレツカはスタメンに帰ってくることが予想される。

一方のドルトムントはロマン・ビュルキ、ジェイドン・サンチョが体調不良で欠場の可能性あり。前線はマルコ・ロイス、ジョヴァンニ・レイナ、アーリング・ハーランドが入ると予想されている。

なお、今回のスーパーカップはバイエルンのホーム、アリアンツ・アレーナで開かれるが、バイエルン州のコロナ感染率が高いため、スーパーカップ初の無観客試合となる。

ブンデスリーガ公式サイトによる、予想スタメンは以下の通り。

バイエルン
GK:ノイアー
DF:パヴァール、ジューレ、ボアテング、デイヴィス
MF:キミッヒ、ゴレツカ、ニャブリ、ミュラー、コマン
FW:レヴァンドフスキ

ドルトムント
GK:ヒッツ
DF:ジャン、フンメルス、アカンジ
MF:ムニエ、ブラント、ヴィツェル、ゲレイロ
FW:レイナ、ロイス、ハーランド