今夏、ユヴェントスからミランへ電撃移籍したイタリア代表のDFレオナルド・ボヌッチが20日、インスタグラムを更新し、新シーズンに向けて意気込みを語った。

20日、ミランはボヌッチと2022年までの5年契約を結んだことを正式発表した。ライバルチームでイタリア王者のユヴェントスで主力として活躍していたボヌッチのミラン移籍は誰もが想像しておらず、次世代へ語り継がれることになるだろう衝撃的な移籍となった。これからミラン守備陣のリーダーを担うことになるボヌッチは、インスタグラムで意気込みを語った。

「ミランについて思いをはせると、すぐにこのユニフォームをまとってきた偉大な選手たちやその歴史の虜になる。(フランコ)バレージや(アレッサンドロ)コスタクルタ、(チェーザレとパオロ)マルディーニ、(アレッサンドロ)ネスタ、(マウロ)タソッティらの名前が浮かぶ。サッカーそしてこのクラブへ尽くした彼らを僕は尊敬している。彼らはすでに伝説だ。そして今日、僕は自分のキャリアだけでなく、ミランの歴史に新たな1ページを書き加えるためここへやって来た」

ユヴェントスでは6年連続優勝および2度のチャンピオンズリーグ準優勝を果たしたボヌッチだが、これからはミランでの新たな挑戦に臨む。

「新たな挑戦が始まる。僕のようにハングリー精神そして勝利への貪欲さに溢れた仲間と一緒に新たな冒険をスタートする。クラブ関係者そして、僕の獲得を熱望し、野心的なプロジェクトの中心に僕を据えて評価してくれた監督に感謝したい」

また自身を温かく受け入れてくれたミランのサポーターにも感謝し、これからの活躍を約束した。

「ミランサポーターは計り知れないほどの熱狂ぶりで僕を歓迎してくれた。この熱狂ぶりがこれからシーズンにわたって続くようチームメートとともに努力していきたい。皆が高い意欲を持ち、勝利を重ねていくことで、ミランを再びイタリアそしてヨーロッパのトップへと導きたい。団結すればきっと叶うはずだ」

そしてメッセージの最後に自身を象徴する「#LB19(レオナルド・ボヌッチ19)」とのハッシュタグを掲載した。ボヌッチはこれまで背番号19を着用してきたが、ミランでは今夏アタランタからレンタル加入したMFフランク・ケシエがつけている。