1月からリヴァプールでプレーする南野拓実は、チームメイトのおかげで順調に新生活に馴染めているようだ。

今冬の移籍市場でオーストリアのザルツブルクからイングランドのリヴァプールに加入した南野。FAカップのエヴァートン戦でデビューを飾るなどここまで公式戦4試合に出場する。

欧州王者リヴァプールではプレー面での適応はもちろんだが、イングランドの生活面での適応も安定した活躍を続けるには重要になる中、南野には頼もしいチームメイトが存在する。同じくザルツブルクでプレーした経験があり、ロッカールームでも隣同士のサディオ・マネとナビ・ケイタが日本代表FWのサポート役に徹しているようだ。

南野は『リヴァプールFC.com』で「僕の英語はまだ十分ではないので、彼らの助けは本当に重要です。彼らはいまだに僕をサポートしてくれますし、初日もミーティングの開始時間や日々の役割といったチームのルールを教えてくれました。ここでは、ドイツ語の話せる選手たちとよくしゃべっています」と新生活におけるマネやケイタのサポートの重要性について言及した。

また、新天地での1カ月について振り返った同選手は「最高の環境でプレーすることで、毎日多くのことを学べていますし、僕自身も成長できています。ここに来られて本当に幸せです。トレーニングセッションでさえも、集中力やインテンシティのレベルがとても高く、選手たちのモチベーションも段違いです」と話し、『Instagram』に市街の様子を投稿するなど充実した日々を送れていると語った。

「リヴァプールはビートルズの街なので、前からこの街に興味がありました。周りを見渡したり、リヴァプールのものを見たり、本当に楽しめています」

現在、リヴァプールのファーストチームはウィンターブレイク中で、次戦は15日に敵地でノリッジ・シティと対戦する。