現地時間25日、ブンデスリーガ第2節ヘルタ・ベルリンvsフランクフルトの一戦が行われ、鎌田大地が2アシストの活躍を見せ、チームを今季リーグ戦初勝利に導いた。

金曜開催のこの一戦では、長谷部誠、鎌田大地はそろって先発出場。29分にフランクフルトはPKを得ると、アンドレ・シウヴァがこのチャンスを冷静に沈め、0−1とアウェーのフランクフルトが先制する。

直後の37分にはゴールエリア右から鎌田がFKを放り込むと、長身FWバス・ドストがヘディングでゴールへとねじ込み、スコアは0−2となる。

後半に入り、71分には鎌田のはたいたボールをセバスチャン・ローデがゴールエリア外から左足でゴール左へ決め、フランクフルトはアウェー戦ながら3点をリード。

78分にはオウンゴールで1点を失ったが、試合は1−3でフランクフルトに軍配。今季リーグ戦初勝利をマークしている。この試合で長谷部と鎌田はそろってフル出場を果たした。

■ブンデスリーガ第2節
ヘルタ・ベルリン 1−3 フランクフルト

得点者
ヘルタ・ベルリン:OG(78分)
フランクフルト:A・シウヴァ(30分/PK)、ドスト(37分)、ローデ(71分)