パリ・サンジェルマン(PSG)への移籍が騒がれているバルセロナFWネイマールだが、ここに来て残留を望み始めたという。スペイン『マルカ』が報じている。

PSGはネイマール本人と移籍に関して合意に達し、バルセロナと同選手の契約解除金2億2200万ユーロを支払う用意をしていると報じられる。しかしながら『マルカ』曰く、ネイマールがバルセロナにとどまることを望み始めたようだ。

ネイマールはバルセロナのチームメートから説得を受け、残留に心が傾いた模様。ただしPSGと自身の父親らが進め続けている移籍交渉を、現段階で止めることが難しいとも考えているようだ。なおバルセロナは、もしネイマールがPSGに移籍する場合には、ユヴェントスFWパウロ・ディバラの獲得に動くと報じられている。