イタリアの名将ファビオ・カペッロ氏が、ドルトムントのアーリング・ハーランドについて言及し、賛辞を贈っている。

今季前半戦はザルツブルク、後半戦はドルトムントに在籍し、オーストリアとドイツで非凡な得点力を見せつけているハーランド。ドイツ挑戦開始からまだ間もないが、早くもレアル・マドリーがノルウェー代表FW獲得に向けて本腰を入れているとも報じられている。

だがカペッロは「今のところハーランドは次のステップに進むよりも、ブンデスリーガに留まるべき」との見解を示している。『Sky Sport Italia』に対して語った。

「彼は輝かしい将来性を備えているね。まだ底が見えない。だが、今すぐ厳しい環境へと身を投じるのは必ずしも良いことだと思わないよ。今はドイツで経験を積んだほうが良いだろうね。今後もっとハードワークできるプレーヤーになったら、さらに良いFWとなるだろう。最終的には世界最高レベルに達することもできるんじゃないかな」

「彼のスタイルは(ユルゲン)クロップのチームで最大限生かされるだろうね。おそらくステップアップするとして、理想的なチームはリヴァプールになるかもしれない」

リヴァプールには、今季前半戦ザルツブルクで同僚だった日本代表FW南野拓実が在籍している。ハーランドは今後、リヴァプールへと移籍することはあるのだろうか。実現はまだ先のことになるかもしれないが、もしハーランドがリヴァプールに加わることになれば、ザルツブルクで攻撃ユニットの軸となっていた南野にとって、旧友との再会は朗報となりそうだ。

【関連記事】
● DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
● DAZN(ダゾーン)をテレビで見る方法7つを厳選!超簡単な視聴方法を紹介
● DAZNの2020年用・最新取扱説明書→こちらへ  ┃ 料金体系→こちらへ  ※
● DAZN番組表|直近のJリーグ放送・配信予定  ☆
● DAZN番組表|直近の海外サッカー放送・配信予定  ☆
● Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News 』の提供記事です
「☆」は提携サイト『 DAZN News 』の提供記事です