日本代表MF乾貴士が所属するエイバルは、MFダニ・ガルシアが移籍に傾くことになるかもしれない。スペイン『マルカ』が伝えている。

現在主将を務めるダニ・ガルシアは、エイバルが2部B(実質3部)に属していた頃から在籍している古株選手の一人だ。だが同選手はクラブから受けた2度の契約延長オファーを断り、来夏の移籍に向かっている模様である。

エイバル側はダニ・ガルシアの残留に悲観的になっている。アスレティック・ビルバオ、バレンシア、マラガ、ベティスと国内複数クラブに加え、リーズなど国外クラブも同選手に関心を寄せている。

エイバルはすでに、DFアンデル・カパが来夏ビルバオに移籍することが内定している。カパに加えダニ・ガルシアまで移籍することになれば、低予算のクラブは重要な2選手の代役探しという難題に挑まなければいけない。

▶リーガ・エスパニョーラを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。