フランクフルトの鎌田大地、長谷部誠の現地メディアによる評価は及第点となった。

フランクフルトは25日、ブンデスリーガ第2節でヘルタ・ベルリンと対戦。鎌田はトップ下、長谷部はCBで先発した。試合はPKでフランクフルトが先制すると、鎌田のアシストからさらに2点を追加。オウンゴールで1点を返されたが、フランクフルトが3-1と勝利を収めている。

地元メディア『フランクフルター・ルンドシャウ』では、フル出場した鎌田と長谷部に対し、ともに「まずまず」の評価をつけた。長谷部については「ベルリンの多くの攻撃を食い止めた。後半、ヘルタがプレッシャーを高めたときには、問題を抱えた」と記されている。また、2アシストの鎌田には「彼の本来のプレーではないし、支配的でもなかった。アイディアは生かされることがなかった。だが、フリーキックとローデへのパスでアシストを記録した」と評価されている。なお、最高の評価となったのはGKケヴィン・トラップとなった。

暫定首位に立ったフランクフルトは次節、10月3日にホッフェンハイムと対戦する。