現在フリーとなっているMFジャック・ウィルシャーだが、トッテナムに行くことは絶対にないと主張している。

ウィルシャーはアーセナルのアカデミーを経て、トップチームで10年に渡ってプレー。197試合に出場したが、負傷の問題もあり、ポテンシャルを完全に発揮することはできなかった。2018年にウェスト・ハムへと加入したが、2シーズンでの出場は19試合のみ。今夏には契約満了となり、現在はフリーとなっている。

無所属のウィルシャーは『スーパー6ポッドキャスト』で、トッテナムへの加入はないと話している。

「僕はモウリーニョのことは大好きだし、最高の監督だと思う。でも僕にはできない。アーセナルは僕を追い出したわけではないし、悪い感情もない。契約を申し出てくれたけど、僕は他のことを試みたかったんだ。僕は“アーセナル・マン”だよ」

なお、ウィルシャーは先月、次の移籍が決まるまでの期間は地元の公園で友人とトレーニングを行っていると明かしていた。