スペインの大手メディア『AS』が、今週実現したリーガ・エスパニョーラでの移籍市場の動きについて、各チームの動向を報じた。その中で、テネリフェからヘタフェに加わった柴崎岳についても触れている。

記事ではヘタフェがファイサル・ファジル、柴崎、マルケル・ベルガラ、フィリップ・マノイロビッチ、ヴィトリーノ・アントゥネスを獲得したと紹介し、柴崎については次のような特徴の選手だと伝えている。

「日本の司令塔は、テネリフェを去り、4年契約で加わった。ヘタフェのレベルを押し上げるMFとして期待される。クラブ・ワールドカップではレアル・マドリー戦で2ゴールを挙げ、その活躍によって同大会では、個人としてブロンズトロフィーを獲得している」

今夏、テネリフェを退団してヘタフェに加わった柴崎は、本特集のトップ画像の一人として取り上げられている。2部から1部昇格を決めたヘタフェは今夏の移籍市場で複数の即戦力を獲得しているが、その中でも10番を託された柴崎への注目度は高いようだ。