チェルシーの元イングランド代表MFダニー・ドリンクウォーターは、トルコのカスムパシャに期限付きで移籍することが決まった。

レスター・シティ時代の2016年に“奇跡のプレミアリーグ優勝”に貢献したドリンクウォーター。翌年には3500万ポンド(当時約50億円)でチェルシーに加入した同選手だが、スタンフォード・ブリッジで苦悩の日々が続く。2018年のコミュニティ・シールドを最後に出番のない同選手は、バーンリーやアストン・ヴィラに期限付きで加入し、昨夏からロンドンのクラブに復帰していた。

私生活でも飲酒運転により逮捕され、泥酔して暴行被害を受けるなど、ピッチ外の話題ばかり報じられるイングランド代表MFは、先日にはプレミアリーグ2の試合でトッテナムU-23の選手に報復行為を働いて一発退場を受けていた。

そんなドリンクウォーターだが、今冬の移籍市場で三度チェルシーから離れることに。シュペル・リグで15位と低迷するカスムパシャにシーズン終了までのローンで加入することが18日に決まった。

なお、30歳のイングランド代表MFにとって、今回のトルコ行きが同選手のキャリア初の国外挑戦となる。