25日のラ・リーガ第7節、ビジャレアルは敵地ラモン・デ・カランサでのカディス戦をスコアレスドローで終えた。ウナイ・エメリ監督は試合後、自チームのパフォーマンスが勝利に届くものではなかったとの感想を述べている。

MF久保建英をラ・リーガで初めて先発起用したビジャレアルだが、カディスの堅守を前に苦戦。得意の右ウィングとしてプレーしながら存在感を発揮できなかった久保を62分に下げ、結局ゴールを奪えぬまま試合終了のホイッスルを迎えている。

エメリ監督は試合後、次のような感想を述べている。

「チームは良い仕事をしていたし、進歩の途中にある。しかし、勝ち点1は不十分だ。私たちはボールとともに主役を演じ、彼らが勝たないように落ち着いてそれを回した。攻撃面では左サイドから良いチャンスを迎え、右サイドでは苦労を強いられていたね。勝つためには不十分だった。勝つためには、もっと何かをしなければならない」

エメリ監督は、久保が1得点2アシストを記録して5-3で勝利したミッドウィークのスイヴァススポル戦とこの試合の中間のパフォーマンスが理想的としている。

「私たちは5ゴールを決め、しかし3失点を喫した試合をこなしたばかりだった。試合の支配とチャンスの創出において、その両試合のミックスが好ましい。もっと効果的なプレーを見せなければならない。勝ち点1には完全に満足できないが、しかし価値を与える必要もある」

「私たちは首位にもなれたものの、勝ち点1に価値を見出さなくては。この結果が私たちの進む道や精神に影響を与えることはない」

ビジャレアルは勝ち点12で4位に位置している。