現在、インターナショナル・チャンピオンズカップでアメリカに遠征しているローマのMFダニエレ・デ・ロッシが、新シーズンのセリエA展望について語っている。

「リーグではユヴェントスより上に行くことは難しい。彼らに弱点がないから、優勝することは並大抵のことではないんだ」

デ・ロッシは会見で「ナポリのような他のチームが優勝することもあるかもしれないが、もしユヴェントスからタイトルを奪うチームがあるとしたら、やはりローマがその1番手でありたい」と語り、打倒ユヴェントスに闘志を燃やしている。

また、昨シーズン限りでローマを去った盟友フランチェスコ・トッティについて問われると、「彼がいなくても僕はいつも彼の存在を心に抱いている。トッティがいなくなったことで僕らにまた違った形で問題が出てくるかもしれない。だけど、彼がピッチの外で新しい道に進もうとしているし、僕らは僕らで頑張らなければならない」と続け、バンディエラの不在を嘆きながらも飛躍を誓った。

ローマは現地時間25日、インターナショナル・チャンピオンズカップでトッテナムと激突する。