元日本代表DF内田篤人がDAZN(ダゾーン)の番組『内田篤人のFOOTBALL TIME』の中で、ウエスカFW岡崎慎司とリモート対談を行った。

ブンデスリーガではしのぎを削り、日本代表ではともに戦った内田と岡崎。岡崎は対談の中で「うっちーは自分と似ているところがある」と話し、このように続けている。

「自分が今必要だと思うことしかやらないタイプだと思う。いわゆるプロフェッショナルと呼ばれるようなサッカー選手のタイプではないかな。単純にサッカーだったら、サッカーやるときに100%ぶつけるみたいな感じかなと思う」

対談後にはスタジオで内田は、岡崎について「サッカーに対する考え方や取り組み方が結構似てる」とし、芸能界の大御所の名前も出しつつ、このように語っている。

「岡ちゃん本当に面白いの。今まで会ってきた人の中で岡崎慎司以上に面白い人はいないと思う、本当に。松本人志と岡ちゃん(が並ぶ)…。いや、言い過ぎたな(笑)」

言語においても、岡崎は「スペイン語はビエン(BIEN:“良い”という意味の副詞)で打ち消す」と独特のコミュニケーション方法を明かすと、内田も「サッカー上手けりゃ使ってもらえる」とコメント。言語よりも、ピッチ上でのパフォーマンスに重きを置くことを強調した。