セリエA第32節が現地時間21日、各地で行われた。

2位ミランはホームでサッスオーロを迎え撃ち、前半30分にハカン・チャルハノールがゴールエリア左側から右足で巻き、ファー側のネットを揺らしてミランが先制。

だがここからアウェーのサッスオーロが巻き返す。76分にドメニコ・ベラルディのシュートを最後はジャコモ・ラスパドーリが押し込んで1−1に。83分には再びベラルディが起点となり、ラスパドーリがワントラップからグラウンダーをゴール左へと決め、1−2と逆転に成功した。結局ラスパドーリのドッピエッタにより、ミランは1−2でサッスオーロに逆転負けを喫している。

首位インテルは敵地でスペツィアと1−1で引き分け、勝ち点1を分け合った。

ユヴェントスはホームでパルマ相手に先制点を許して追う展開になるが、そこから3ゴールを叩き込んで3−1での逆転勝利を飾っている。

なお、ボローニャvsトリノ、クロトーネvsサンプドリアで冨安健洋と吉田麻也はそれぞれメンバー外だった。

この結果、引き分けた首位インテルは勝ち点を76に伸ばして首位独走。勝ち点66の2位ミランが敗れたため、両者の勝ち点差は10に広がった。ユヴェントスは試合消化数の少ないアタランタを抜き、暫定で3位にポジションを上げている。

■セリエA第32節
ミラン 1−2 サッスオーロ
クロトーネ 0−1 サンプドリア
ユヴェントス 3−1 パルマ
スペツィア 1−1 インテル
ジェノア 2−2 ベネヴェント
ウディネーゼ 0−1 カリアリ
ボローニャ 1−1 トリノ