セビージャがFWノリートの獲得に関して、マンチェスター・シティと合意に至ったようだ。スペイン『マルカ』が報じている。

シティで居場所を失っていたノリートの獲得を目指し続けていたセビージャ。『マルカ』によれば、このアンダルシアのクラブはノリートの移籍金として900万ユーロを支払うことで、シティとの交渉を合意に導いた。ノリートとは3年契約を結ぶ見込みで、契約1年目はシティでの年俸を維持し、2〜3年目はクラブの基準に合った年俸額に設定し直すようだ。

セビージャによるノリート獲得の正式発表は、同クラブの取締役会が同移籍を承認した後に行われる。というのも移籍金、年俸とノリート獲得に関する費用は、2000万ユーロを優に超える重要な額となったためだ。ノリート獲得を内定させたセビージャはこの後、インテルFWステファン・ヨベティッチの獲得を目指す。