マンチェスター・シティのフィル・フォーデンは、リヴァプールが依然としてタイトルレースを戦っていると主張した。

プレミアリーグで首位を走るマンチェスター・Cは7日に敵地アンフィールドでディフェンディングチャンピオンのリヴァプールと対戦する。現在、ホームチームは勝ち点7差の4位にまで後退し、先日のブライトン&ホーヴ・アルビオン戦でも0-1で敗れるなど年末から調子を落とす。これを受け、すでに優勝争いから脱落したとも一部では報じられている。

しかし、マンチェスター・Cのフォーデンはイギリス『BBC』で、この考えについて「序盤、僕たちは本当に多くのポイントを落として、優勝の可能性はないと言われてきた。でも、僕たちは団結して今ではトップだ。だから、このように変われる可能性があるんだ」と話し、リヴァプールへの警戒を強めた。

「先走りたくはない。僕たちが考えているのは次の試合だけだ。簡単にポイントを落としてしまうからね。彼らは最高のチームで、最高の選手たちを擁している。最高の試合になるはずだ。リヴァプールがこの数年間どれだけ強いかをみんなが理解している、彼らはまだ危険なチームのように見える。今は、僕たちのことだけに集中する必要がある」

また、フォーデンは自身の将来がマンチェスター・C以外にあることを想像できないとも語った。

「マンチェスター・シティでのみプレーしている姿を想像できる。応援するクラブでプレーするときはいつだって大きな助けになる。子どものときからこのクラブでプレーすることを夢見ていたし、これだけ早くに100試合に出られるなんて考えてもいなかった」