スペインラジオ局『カデナ・コペ』は18日、ルイス・エンリケ氏がスペイン代表監督に復帰する可能性を報じた。

ルイス・エンリケ氏は6月19日、個人的な事情によってスペイン代表監督の座を辞任。8月30日に骨肉腫で闘病中だった9歳の娘シャナちゃんが亡くなったことを明かしていた。

ルイス・エンリケ氏が辞任したスペイン代表は、それまで同氏のアシスタントコーチであったロベルト・モレノ氏が後任となり、EURO2020本大会出場も決めていた。しかし『カデナ・コペ』の有名記者フアンマ・カスターニョ氏によれば、スペインサッカー連盟(RFEF)はルイス・エンリケ氏を呼び戻すために動いていた模様。そしてルイス・エンリケ氏が、RFEFのオファーをすでに受け入れている可能性もあるとのことだ。

なお18日にはRFEFの理事会が行われる予定となっており、そこでルイス・エンリケ氏の監督復帰が正式に決まる可能性もある。なおロベルト・モレノ氏は、自身がEURO2022でもチームを率い続けることに自信を見せていたが、ルイス・エンリケ氏が復帰する場合には「一歩下がる意思がある」とも語っていた。

その一方でスペイン『マルカ』は、RFEFがルイス・エンリケ氏のほか、先にバレンシア監督の座を追われたマルセリーノ・ガルシア・トラル氏の招へいにも動いていると報じている。果たしてスペイン代表は、一体どの指揮官とともにEURO2020に臨むことになるのだろうか。