30日、DF内田篤人の所属するシャルケと、日本代表ウィンガー乾貴士の所属するエイバルが対戦した。

内田、乾両選手が先発から外れた一戦では、意外な形でスコアが動く。67分、エイバルDFホセ・アンヘルのバックパスがGKの頭上を越えて、オウンゴールに。シャルケがラッキーなゴールで1点を先制する。

何とか同点に追い付きたいエイバルは、88分に乾を投入し反撃を試みる。ドリブル突破から好機を作り出そうと試みるも、シュートシーンを作るには至らずタイムアップ。シャルケがオウンゴールの1点を守りきり、勝利した。

なお、内田は出場なし。乾がフランクフルト在籍時の2013年以来となるマッチアップは実現しなかった。