ロシア・ワールドカップは15日に決勝戦が行われ、フランスが4-2でクロアチアを下し、20年ぶりの優勝を飾った。ポール・ポグバは、感極まっている。

クロアチアとの大一番に臨んだフランス。前半のうちにオウンゴールで先制すると、その後3得点を奪い、地力の差を見せつけて世界の頂点に立った。

試合後、ポグバは興奮が収まらない様子で勝利を喜んだ。

「(胸に)2番目の星が付いたね。とても合ってるし、ゴージャスだね。フランスが熱狂に包まれていることを願ってるよ。改めて感謝したい。率直に言って、これは本当に素晴らしいことなんだ。言葉がないよ」

「試合前にみんなに言ったこと? 僕らの夢まで後90分だって言っただけだ。歴史に名を刻んだんだ。みんな、僕らにはそれができ、それをすべきなんだ! 他のチームが掲げることを許さない。この結果は最高だ」