リヴァプールのユルゲン・クロップ監督は、ネイマールのパリ・サンジェルマン移籍が発表されれば、フットボール界が大きく変わってしまうと警告している。

パリSGがバルセロナの設定するネイマールの違約金、2億2200万ユーロ(約288億円)を支払う準備をしていると先日から報じられている。もちろん選手サイドにも、3000万ユーロ(約39億円)のサラリーと、数々のボーナス、さらにはプライベートジェットまで用意するオファーを提示するようだ。しかし、クロップ監督はこの報道が事実なら、フットボール界は計り知れないほどの影響を受けると感じているようだ。

ドイツ人指揮官は、『リヴァプール・エコー』で「今本当に多くのうわさが巻き起こっている。その1つは(フィリペ・)コウチーニョに関するものだ」と、バルセロナがブラジル代表プレーメーカーを獲得するために7200万ポンド(約104億円)のオファーを送ったとの報道について語った。

続けて「もしネイマールの移籍がうわさだけに収まらなかったら、それはもう次元の違う話だ。地球上の話だとは到底理解できない。2億2000万ユーロ? そんなことが起きるなんて考えられない。でも仮にその移籍が実現したら、フットボール界の全てが変わってしまう」と近年高騰を続ける移籍金に警鐘を鳴らしている。