9月29日のウディネーゼ戦に出場したボローニャの日本代表DF冨安健洋について、ボローニャの地元紙『コリエレ・ディ・ボローニャ』などが30日に評価を下した。

ボローニャは29日、セリエA第6節でウディネーゼと敵地で対戦したが、27分にステファノ・オカカのゴールでウディネーゼに先制点を許した。ボローニャはその後、何度も好機を演出して追いつこうと試みるが、ホームのウディネーゼの牙城を崩すことはできず、0-1と惜敗。3戦連続未勝利のボローニャは11位へと後退した。冨安は6試合連続で右サイドバックとして起用され、フル出場している。

ボローニャの地元紙は、指揮官も含めた全員が不合格となる厳しい評価を下した。冨安のパフォーマンスについては、チーム内で平均的な「5」と採点。「失点のシーンでは、アシストを記録した(イェンス)ラーセンに対して緩すぎた。さらに選手も自覚しているはずのミスもあった」と綴った。なおチーム内最高点はウカシュ・スコルプスキとロドリゴ・パラシオの「5.5」。最低点は退場処分を受けたロベルト・ソリアーノら3選手の「4.5」だった。

『ガゼッタ・デロ・スポルト』や『レスト・デル・カルリーノ』も同様に、冨安についてチーム内で平均的な評価を下している。採点は「5.5」となり、及第点にはわずかに届かなかった。一方、『コリエレ・デロ・スポルト』および『レプブリカ』は、日本代表DFのパフォーマンスをチーム内で最高評価となる「6」と判定。守護神スコルプスキら4選手と並び、及第点の評価を与えている。

なおボローニャの次戦は6日。イタリア代表FWチーロ・インモービレやセルビア代表MFセルゲイ・ミリンコヴィッチ・サヴィッチらを擁する強豪ラツィオとの一戦となる。20歳冨安の活躍はこれからも期待されるところだ。

【関連記事】
● DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
● DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
● DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ ┃料金体系→こちらへ ※
● 【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説 ※
● 【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
● Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News』の提供記事です