マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督は、チームがヨーロッパの強豪と肩を並べらえるところまで近づいたと主張した。

2013年を最後にプレミアリーグ優勝から遠ざかるマンチェスター・U。しかし、2018年12月からチームを指揮するスールシャール監督の下、昨シーズンは3つの大会でベスト4進出を果たし、今シーズンはリーグ戦2位、ヨーロッパリーグベスト4と着実な成長を続けている。

復権を目指すスールシャール監督は、自チームをマンチェスター・シティ、チェルシー、レアル・マドリー、パリ・サンジェルマンのチャンピオンズリーグベスト4勢と比較して「我々はヨーロッパリーグで、彼らはチャンピオンズリーグ、これは事実だ。しかし、試合を見れば我々が彼らのようなチーム相手にどれだけ良いプレーをしているのかわかるはずだ。我々は何百万マイルも離れていない」と話し、自身の考えを主張した。

「すべては一貫性だ。ときには少しのことやわずかな差が悪い影響を及ぼすこともある。ある地点までは十分に上手くいったと感じたこともあったが、最後までできなかった。今、彼らを相手にした良いパフォーマンスからインスピレーションを受け、悪いパフォーマンスや結果から学び、再び成長できている」

また、18日のバーンリー戦に向けて同指揮官はチームの精神的なタフさを自負した。

「バーンリーとのホームでの過去3試合は勝てていない。我々がこの13カ月や14カ月で示してきたメンタリティを示すのにとても大きな試合だ。チームの姿勢、決心、立ち直る力、1つの負けでシーズンをダメにしない、もしくは勢いを失わず、勝利のために立て直す能力は最適なものだ」

「何度も言うが、選手たちは本当によくやっている。コーチは少しのディテールを改善することが仕事だ。私ほどディテールに目を向けるコーチは世界中を探してもそれほど多くはいないはずだ。彼らと仕事ができることに満足している」