2日に行われたEURO2020準々決勝スイス対スペインは1-1で120分間を終え、PK戦3-1でスペインが勝利を果たした。

EURO2012以来に主要大会でベスト8入りを果たして黄金期を取り戻すことを目論むスペインと、自国開催の1954年ワールドカップ以来となる準々決勝進出で目標の先に到達することを目指すスイス。対戦の舞台はロシアのサンクトペテルブルクだ。

立ち上がりからボールを保持して主導権を握ったのはスペイン。スイスは3バックから4-2-3-1にシステムを変更してスペインの支配を防ごうと試みたが、ブスケッツ、コケ、ペドリの中盤3枚に1トップのモラタが絡むボール回しに後手を踏むことになった。そうして8分、ルイス・エンリケ監督のチームが先制に成功する。コケのカーブがかかった右CKをペナルティーエリア手前のジョルディ・アルバが左足で直接叩くと、これがザカリアの右足に当たってそのまま枠内に吸い込まれた。

スペインはその後もボールを持ち続けるが、ブスケッツへのパスコースが塞がれることもあって、決定機につながるような展開は見せられない。23分には再びコケの右CKから、今度はアスピリクエタがヘディングシュートを放ったもののGKゾマーの正面に飛んだ。前半は0-1のまま終了。L・エンリケ監督はサラビアをダニ・オルモに代えた。

後半に入るとスイスが勢いのあるプレス、攻撃を仕掛けるようになり、スペインを押し込んでいく。L・エンリケ監督はこれを受けてか54分にモラタとの交代でジェラール・モレノを投入。だが56分にはザカリアにポストをかすめるヘディングシュートを放つなど、0-2より同点の方が近い試合が展開されていった。

そして69分、その通りにスイスがスコアをタイに戻した。スイスの浮き球をラポルテ&パウ・トーレスが連系ミスによって処理しきれず、転がったそれをシャキリがゴールに押し込んだ。これで試合は分からなくなったが、78分にスイスに向かい風が。フロイラーが後方からの強烈なスライディングでG・モレノを倒して一発退場を命じられている。

以降は数的有利のスペインが再びボールを保持して、シャキリらを下げたスイスが堅守速攻に一縷の望みを託す流れが続く。スペインは84分にペドリとのコンビネーションからG・モレノのシュートまで持ち込んだが、これは威力なくゾマーの正面に飛んだ。L・エンリケ監督は後半アディショナルタイムにコケを下げてマルコス・ジョレンテを投入。だが、結局はゴールは生まれずに試合は延長戦に突入した。

フェラン・トーレスの代わりにオジャルサバルも入れたスペインは、延長戦も試合を支配。だがG・モレノが決定機を逸するなどゴールだけを欠き続ける。そのまま延長戦前半は終了して後半に突入。スペインはP・トーレス、ペドリをチアゴ、ロドリに代えて猛攻を仕掛けたが、結局はゾマーを中心としたスイスの堅守を崩し切ることができず、今大会初めての(スイスにとってはフランス戦に続いて2回目の)PK戦を迎えることとなった。

PK戦、先攻のスペインは1人目のブスケッツがシュートを左ポストに当ててしまい失敗。対するスイスはガヴラノヴィッチがしっかりと決め切った。2人目ダニ・オルモがシュートを決め切り、スイスの2人目シェアがGKウナイ・シモンにシュートを止められたために同点に追いついたが、3人目ロドリがゾマーのセーブに遭ってまたも不利に。だがしかし、U・シモンが3人目アカンジのシュートを止め、4人目G・モレノが決め切ると、スイスの4人目バルガスがボールを枠内に飛ばしてリードを得ると、5人目オジャルサバルが枠の右にグランダーのシュートを決め切り決着をつけた。スペインは優勝を果たしたEURO2012以来の準決勝進出で、スイスは1954年W杯の最高成績を更新することができなかった。