現在アルミニア・ビーレフェルトにレンタル中の日本代表MF堂安律は、来シーズンもブンデスリーガでプレーすることになりそうだ。オランダ『ED.nl』が伝えた。

昨夏にPSVからのレンタルで加わった堂安は、昇格組ビーレフェルトでは攻撃をけん引する中心的な存在に。現在16位に位置するクラブが500万ユーロ(約6億5000万円)をわずかに超える金額で行使可能の買い取りオプションを有すると伝えられていたが、『ED.nl』曰くそれは事実であるようだ。

同メディアはまた、ビーレフェルトが2部に降格した場合、そのオプションが有効性を無くす可能性や、同クラブが資金を調達できない可能性を指摘。一方で、「ブンデスリーガの複数の他クラブ」が堂安に注目しており、関心が高まり続けているため「彼はいずれにしても今夏にはPSVを去ることになりそうだ」と伝えた。

堂安は先日、ブンデスリーガ公式ウェブサイトによる3月の「ルーキー・オブ・ザ・マンス」を獲得。そのパフォーマンスにより、どのクラブとの契約を勝ち取るのか、注目したいところだ。