ウェスト・ハムは、マンチェスター・シティからGKジョー・ハートを1年間のローンで獲得したと発表している。

17日にメディカルチェックをパスしたハートは、ウェスト・ハムに加入することが決定した。所属先のシティが、週給10万ポンド(約1500万円)の一部を負担することになっている。また、この契約には買い取りオプションも付随しており、2017-18シーズン終了後に同選手は1500万ポンド(約22億円)前後でウェスト・ハムに完全移籍をすることになりそうだ。

ハートは、『ウェスト・ハムTV』で「次のシーズンはローンでマンチェスター・シティから離れることになった。しかし、サポーターは僕にとってファンタスティックな存在だ。クラブに対する思いは変わらない。これからも僕にとって特別なクラブだ」とシティへの思いを述べた。

続けて「フットボールをプレーすることが重要だと思っている。それにここでプレーする機会を得られたことは間違いなく素晴らしいことだ。ウェスト・ハムのようなビッグクラブでプレミアリーグを戦え、とても楽しみにしている」と新シーズンへの意気込みを語っている。

ハートは、補強が思うように進んでいないウェスト・ハムにとって、元マンチェスター・シティのパブロ・サバレタに続き今夏2人目の新戦力となる。