ユヴェントスは20日、新シーズンからユニフォームの背中にスポンサーロゴを採用することを公式サイトで発表した。

ユヴェントスは1月、これまでの伝統的な楕円形にチームカラーである白と黒のストライプを配したエンブレムを変更し、「J」をデザイン化したシンプルな新エンブレムを発表。この決定に地元ファンからは不満の声が上がったが、これはイタリア国外へのグローバル展開を目指し、将来を見据えたものだったようだ。

世界規模でのファンの獲得を図るユヴェントスは20日、続いて新たな戦略を発表した。これまで伝統的に採用されていなかったユニフォーム背中部分のスポンサーロゴを導入する。ユヴェントス史上、初めての試みに選ばれたスポンサーは日本のゲーム会社Cygames(サイゲームス)。3年契約を締結した。渡邊耕一社長は「このたび、弊社が2015年よりサガン鳥栖(株式会社サガン・ドリームス)のユニフォームスポンサーをつとめていることをきっかけに、世界最高のチームの一つである、ユヴェントスF.C.とスポンサー契約を結ぶことになりました。ユヴェントスF.C.のチームカラー「ビアンコ(白)、ネロ(黒)」と弊社のコーポレートカラーが一致していることにも、強い縁を感じております」と述べている。

ユヴェントスは今夏のMF本田圭佑のミラン退団により、セリエA離れが懸念される日本でのファンの拡大を目指す。なおスポンサーロゴは2017-18シーズンのユニフォームに採用され、22日にアメリカで行われるインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)の初戦、バルセロナ戦でお披露目される。バルセロナも新シーズンから日本企業である楽天のロゴを採用しており、注目の一戦となる。