19日にチェルシー移籍の合意が発表されたレアル・マドリーFWアルバロ・モラタだが、スペイン代表FWは育ったクラブに最高の置き土産を残すことになりそうだ。

これまでマドリーで最高の売却値を記録していたのは、2014年夏にマンチェスター・ユナイテッドに移籍したMFアンヘル・ディ・マリア(現パリ・サンジェルマン)だった。だがモラタの移籍金はディ・マリアのものを上回る見込みだ。

チェルシーはモラタ獲得に移籍金8000万ユーロ(約103億円)+成果報酬額500万ユーロ(6億円)を支払うとみられる。これはマドリー史上、最高額の移籍金での選手放出となる。

またモラタは、スペイン人選手としても史上最高額で移籍を果たすことに。これまでの史上最高額はチェルシーがFWフェルナンド・トーレス(現アトレティコ・マドリー)獲得のためリヴァプールに支払った移籍金5800万ユーロだ。

これまでの移籍金最高額の上位5名は以下の通り。

【レアル・マドリー】
1位:モラタ(チェルシー/8000万ユーロ)
2位:ディ・マリア(マンチェスター・ユナイテッド/7500万ユーロ)
3位:エジル(アーセナル/5000万ユーロ)
4位:ロビーニョ(マンチェスター・シティ/4300万ユーロ)
5位:イグアイン(ナポリ/3900万ユーロ)

【スペイン人選手】
1位:モラタ(チェルシー/8000万ユーロ)
2位:フェルナンド・トーレス(チェルシー/5800万ユーロ)
3位:メンディエタ(ラツィオ/5000万ユーロ)
4位:マタ(マンチェスター・ユナイテッド/4200万ユーロ)
5位:ビジャ(バルセロナ/4000万ユーロ)