明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2017が15日に埼玉スタジアムで行われ、浦和レッズとボルシア・ドルトムント(ドイツ)が対戦した。試合はドルトムントが3-2で浦和を下した。試合後、負傷の影響もあり、ベンチから試合を観戦したドルトムントMF香川真司が、フラッシュインタビューに応じた。

前日会見で欠場を明言されていた香川は、「素晴らしい雰囲気の中で試合が行われたので、僕自身も出たかったですけど、それをぐっと抑えながら、チームが勝てて良かったのかなと思います」と、出場できなかった無念を口にしつつも、チームの勝利を喜んだ。

そして「また新たなスタートを切るので、しっかりと年間を通して活躍できるように、やっていきたいと思います」と新シーズンに向けた抱負を語った。