株式会社MTGは20日、都内でTAIKAN STREAM/Style BX新製品発表会を開催。共同開発パートナーとして製品開発に携わったプロゴルファー・片山晋呉とサッカー日本代表の長友佑都がゲストとして登壇した。

体幹トレーニングを始めたキッカケを聞かれた片山は「体が小さかったため、体の中から力を出す方法を考えた」と話す。また、こだわりを聞かれると「長友選手の(著書)『体幹トレーニング20』を読んでます」と答えて笑いを誘った。

一方、長友は体幹トレーニングを始めたキッカケについて「僕も体が小さかったので、外国人選手と対抗するため。あと腰が悪かったので、それを解決するため」と回答。こだわりについて聞かれると「こだわりはありすぎるので、ここで1つ答えることは難しい」とした。

今後について聞かれると、長友は「8月と9月にアジア最終予選があります。いまオフですけど気は張りつめています。常に日本代表のことだったり、そこで勝つことをイメージしたりしています。試合に勝ってワールドカップ出場を決めたいと思います」と、すでに臨戦態勢に入っている様子だ。

4日後に結婚披露宴を控える長友。記者からは「(奥さまで女優の)平愛梨さんと一緒にいて幸せを“体感”する瞬間は?」との質問も。その質問を笑いながら聞いた長友は一瞬悩んだ後、「サポートをしてくれること」と回答。サポートの内容については「厳しい環境でサッカーをしているので、彼女の明るさが精神的に助かる」と答えた。