日本代表FW浅野拓磨が所属するシュトゥットガルトが26日、トルコのカスムパシャと練習試合を行い、5−0で大勝している。

今夏に行われているフレンドリーマッチ3試合で1分け2敗というプレシーズンを過ごしているシュトゥットガルト。カスムパシャとの一戦では浅野、クリスティアン・ゲントナー、シモン・テロッデといった選手たちをスタメンに並べた。しかし、前半にゴールは生まれず、大半の選手を入れ替えた後半にゴールラッシュを迎えている。

48分にアナスタシオス・ドニスのゴールで口火を切ると、エミリスアーノ・インスーアの2ゴールなどもあり、5得点を挙げて今夏初勝利を手にした。また、浅野は唯一のフル出場となり、無得点ながら先制点をお膳立てするなど状態の良さをうかがわせた。

なお、シュトゥットガルトは24日にハネス・ヴォルフ監督との契約を2019年まで延長。1年でのブンデスリーガ復帰を評価された格好だ。