アトレティコ・マドリー復帰が確実と目されていたチェルシーFWジエゴ・コスタだが、他クラブに移籍する可能性も浮上している。スペイン『マルカ』が報じた。

今夏でのアトレティコ復帰を希望していることが、すでに公となっているD・コスタ。しかしアトレティコはチェルシーとの駆け引きもあって、いまだ獲得への動きを見せていない。FIFAから科された選手登録禁止処分により、同選手を獲得しても登録できるのは1月となるため、早急に動く考えはないとみられる。

しかしながらD・コスタ本人は、この停滞した状況に焦れ始めているという。スペイン代表FWはチェルシーのアントニオ・コンテ監督から戦力外通告を受けたこと、アトレティコ復帰の意欲があることを公にするなど、自分からできることはすべて行ったと考えている様子。D・コスタは昨夏のようにアトレティコ復帰が叶わぬことを恐れており、アトレティコが今後も動きを見せない場合には、代理人ジョルジュ・メンデス氏に他クラブへの移籍の可能性を相談する考えもあるとのことだ。