ボルシア・ドルトムントのU-21スペイン代表ミケル・メリーノ(21)が1年の期限付きでニューカッスルに移籍。所属元、移籍先の両クラブが28日に発表した。

ドルトムントは先日、昨夏にオサスナから加入したメリーノについて、ツイッターを通じて「他クラブと交渉するため離脱する」と明かしていたところ。そして、新天地は報道どおりにプレミアリーグへの復帰を果たしたニューカッスルに決まった。

メリーノはニューカッスルの公式ウェブサイトで新クラブについて「とても良い街にある偉大なクラブであることを以前から知っていた。サッカーボールに触れ、新しいチームメイトたちに会うこと、フットボールをプレーすることを楽しみにしている」とのコメントを残している。

またラファエル・ベニテス監督は「彼はドルトムントといったトップクラブからやってきた。昨シーズンはあまりプレーしなかったが、若いタレントとして獲得されたんだ。あのレベルのクラブが彼を獲得したということは、彼が良いものを持っているということだ。それを見せて、ここで長い間プレーを楽しんでくれることを望んでいるよ」と同選手を歓迎した。

なおドルトムントは発表では、メリーノの出場試合数によりニューカッスルは完全移籍での買い取りが義務付けられると伝えている。同選手が20試合に出場することでニューカッスルが移籍金700万ユーロ(約9億1000万円)を支払い、完全移籍となることが『Goal』の取材によって明らかになっている。