今夏の去就に大きな注目が集まるブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョについて、スペイン人著名記者ギジェム・バラゲ氏が語っている。

今季はバルセロナから期限付きでバイエルン・ミュンヘンへと加入したコウチーニョ。しかし期待通りの活躍は披露できず、バイエルンは買取オプションを行使しないことを明言した。夏には一度復帰することとなるが、財政難のバルセロナは一部給与を負担してでも28歳MFを放出する考えと『テレグラフ』などが報じており、去就は不透明な状況が続いている。

コウチーニョ獲得には高額な移籍金と年俸が必要となるため、新型コロナウイルス感染拡大によって財政的ダメージを受けるビッグクラブも手を挙げ辛い状況。そんな中、バラゲ氏はスペイン『スポルト』内で、サウジアラビアの政府系ファンド、パブリック・インベストメント・ファンド(PIF)による買収が迫るニューカッスルが有力候補になると語っている。

「我々全員が期待する買収が完了した時、ニューカッスルは新たな時代に突入する。そして、コウチーニョはそれを待っている」

「彼の代理人は、ニューカッスルが獲得オファーを送ると考えている。私が以前指摘したように、獲得可能な選手の1人だ。また(エディンソン)カバーニのような契約が満了する選手たちもそうだね。コウチーニョの代理人は、プレミアリーグ復帰のために奔走している。選手の考えもそうだ」

「アーセナルも噂に上がったが、彼らからは何の話も届いていない。リヴァプールへのローンもない。ここに真実はないよ。リヴァプールは興味を持っていないし、代理人は争奪戦があるように見せようとするが、今のところはない」

「プレミアリーグから選ぶとすれば、ニューカッスルだ。買収が完了し、バルセロナが納得するオファーを出すのであれば、最有力候補になるだろう。バルセロナがコウチーニョを放出したいのは確かだ。現時点ではすべての可能性があるが、残留はないだろうと思う」