現実味を帯び始めたFWネイマールのパリ・サンジェルマン(PSG)移籍だが、バルセロナは同選手の退団を食い止めるために、その年俸を引き上げる考えはない様子だ。スペイン『スポルト』が報じている。

加熱の一途をたどるネイマールのPSG移籍騒動。バルセロナは先に同選手の父親ジョルダン氏及び代理人と話し合ったが、その場でPSGのオファーの存在を確認し、選手側が同オファーを受け入れる可能性が高いことを確認したという。

PSGがネイマール及びその関係者に提示したとされるオファーは、年俸だけで3000万ユーロ(約39億円)とされている。一方でバルセロナは、わずか1年前にネイマールと年俸1700万ユーロ(約22億円)の新契約を結んだばかりであり、PSGのオファーを前にしても年俸を増やす考えは一切ないようだ。

『スポルト』はまた、バルセロナにネイマール関係者&PSGとこれ以上交渉をする意思がないことも報道。まもなく迎えるであろうPSG移籍騒動の結末は、すべてネイマールの意思次第と伝えている。