上新庄駅北口すぐに新しいお店がオープンしましたよ!

場所は北口の改札を出て、アズナスの隣。現在は小松に移転した癒しの空間 爽麗樹の跡に、大阪寿司処 きのすけが7月15日にオープンしました!

ちょっと遅れていた外の看板やサンプルも今週になってようやく完成。さっそくお店の中を見てきちゃいましたよ!

といっても、お客さんの入れるスペースは入り口部分まで。こちらのお店は持ち帰り専門のお店なのです!

おしながきはカウンターの上に。

 こちらのお店のオススメは、箱寿司と棒寿司。

今は馴染みの薄くなってしまった大阪寿司ですが、
・シャリ・ネタともにしっかりと味がついていて、そのままでも食べられる
・生のネタを使わないので日持ちする
などのメリットがあり、持ち帰りにはピッタリなんだそうです!(゚∀゚)

ですが、一応、握り寿司も端の方に用意されています。

そんなお寿司を作るのが、店長の森さん。区内に住んでいて、地元東淀川でおいしい寿司を気軽に食べてもらいたいと改札すぐ近くのこの場所にお店をオープンさせたそうです。
今回は特別に許可をもらって、作っている様子を見せてもらっちゃいました。


調理場では鯖が仕込み中。こちらのお店では鳥取の漁港から直送で仕入れた新鮮な魚を丸一日かけて仕込んでいます。


隣では箱寿司を作っています。昔は木枠で作られていましたが、今はプラスティック製の枠にラップを使って、押し固められています。このあたりは時代の進化ですね。

ご飯を詰めて、海老がぎっしり詰まったお寿司が出来ました!

その後、箱詰めされて、持ち帰って来たものが、写真のとおり。

 かわいい一口サイズで、女性でも食べやすいですね♪ 

今回頼んだのが、海老(420円)と穴子(450円)です。 

具材が少し重なっているのが箱寿司の特徴。パッと見小さいようにみえるのですが、小さいからと侮るなかれ!

シャリが押し固められている分、一口サイズでも結構な満足度がありますよ! 

箱寿司だけでもお腹いっぱいになってしまったのですが、お店オススメがもう一つ!  

チラシにも「鯖寿司上陸!」とうちだす、鯖棒寿司! 

通常は980円ですが、7月中はオープン記念として780円とお買い得!

 しかも、先ほどの仕込んだ鯖の半身をそのまま使っているので、めちゃくちゃボリューミー! 覆っているのは本物の竹の皮なんですよ☆  頑張らないと一口で食べられないぐらい大きな鯖が使われています。 もちろんシャリとの相性もバッチリ。 

ちなみにこちらのお店で使われているお米は今は瑞光にお店を構える丸一米穀の若旦那がその時期にお寿司に合うお米をセレクトしてくれていますよ! 

駅改札出てすぐなので、帰りしなにパッと買って帰れそうですね♪ きのすけで大満足の持ち帰り寿司を買って帰ってみてはいかがでしょうか? 

大阪寿司処 きのすけ
東淀川区上新庄3-12-9
Tel:06-6195-2865
営業時間:9:00〜19:00
定休日:毎週月曜日