まもなく、北海道を襲った北海道胆振東部地震から1年を迎えます。9月1日には「防災の日」ということで、様々なメディアで防災グッズが紹介されたり、各地のお店では防災グッズが売られていましたね。どう災害に向き合うかは、非常に重要な問題ですよね。
そのなか、札幌市の札幌ドームでは震災を振りかえるとともに、甚大な被害を受けた被災3町の復興支援、復興状況を知ることができるパネル展が開催されます。
「平成30年北海道胆振東部地震復興応援パネル展」です!
日程は、2019年9月6日(金)〜8日(日)の3日間です。ただ、札幌ドーム内でのパネル展の観覧には試合観戦チケットが必要なのでご注意ください。(このパネル展は、北海道日本ハムファイターズと北海道開発局の連携協定に基づいて、北海道日本ハムファイターズ主催による「RESPECT DAYS~秋の大感謝祭~」と連携した取り組みとして開催されるそうです。)
残念ながら見にいけないという方は、現在、札幌市内のチカホでも、パネル展示が開催されていますので、通るついでに見ることができますよ!
このパネル展のほか、「平成30年北海道胆振東部地震防災パネル展」も同じ会場で開催されます。この機会に震災を振り返りましょう。

場所は、札幌ドーム1階(1塁)側のコンコースです↓
〒062-0045 北海道札幌市豊平区羊ケ丘1