2020年7月4日、新たに仙台市内在住の20代の男性会社員1名が新型コロナウイルスに感染していることが判明しました。
仙台市内では70例目、宮城県内では98例目となります。
濃厚接触者は今のところ5名(配偶者・仕事関係4名)で、その方達は近日中にPCR検査を行う予定だそうです。
7月1日を発症日と仮定すると、過去2週間以内の海外渡航歴や他都道府県への訪問歴はなしとのこと。
6月29日〜7月1日は仙台市外の勤務先へ出勤しておりますが、自家用車で通勤しているため公共交通機関の利用はないようです。
基本的には外出時は全てマスクの着用をしていたそうなので、マスクの効果に期待したいところですね。
これまでに陽性が確認された方との接触は今のところはなく、その他の行動歴は調査中。
現在は仙台市内の感染症指定医療機関に入院中で重篤な症状ではないそうです。
自分自身と大切な人の身を守るため、感染者数が上昇している地域への外出は不要不急でない限り延期または中止をするなどし、郡市長が呼びかけをしているせんだい生活スタイル(新生活様式)の『だてまさむね』を心掛けてみてくださいね。

東北大学病院
〒980-8574 宮城県仙台市青葉区星陵町1−1