一人あたり10万円を配る国の支援とは別に、新型コロナウイルス感染症の影響を受けている家庭などを支援するため、一部の自治体で独自の給付金が支給される動きが出ています。
大和市においても同様の動きが見られ、市はひとり親家庭などの支援のため、児童扶養手当の給付者を対象とした市独自の臨時特別給付金(一時金)を支給しています。
給付額は1世帯あたり2万円で、この給付金を受けるための申請は不要だそうです。
市から令和2年3、4、5月分の児童扶養手当を受給し、5月31日の時点で市内に住所を持つ人が対象となるそうで、対象者には今月上旬に案内が送付されるとのことです。
振込みは児童扶養手当受給の指定口座にされるとのことで、希望しない方は7月10日までにこども部こども総務課手当医療係まで連絡する必要があるそうです。
児童扶養手当の認定請求で必要な添付書類などが未提出の方は提出後遡って認定された場合は対象となり、所得制限限度額以上や公的年金の受給などで児童扶養手当の支給がない方は対象外となるそうです。
詳しくはこども部こども総務課手当医療係へお問い合わせください。

大和市役所はこちら↓
神奈川県大和市下鶴間1丁目1−1