昨日の30代男性自営業の方に続き、本日もまた新たに新型コロナの感染者が確認されました。
宮城県内で100例目、仙台市内では72例目となります。
■99例目の方(仙台市内71例目)・30代男性・仙台市内在住・自営業・濃厚接触者は現在のところ7名■100例目の方(仙台市内72例目)・10代女性・仙台市内の学生(小中高生ではない)仙台市内72例目・濃厚接触者は10名、さらに調査中(全ての方にPCR検査を実施する予定)

県内の感染者数だけで見ると小康状態と言えますが、2名の方とも感染経路に心当たりがなく、県外への往来もないとのこと。
普通に生活していても誰にでも感染リスクはあるということです。
この度厚生労働省から「接触確認アプリ」が配信されました。
個人を特定することなく濃厚接触者を把握できる画期的なシステムです。
感染の再流行を食い止めるため、ぜひインストールしてご活用ください。
前述のアプリの活用やご自身の行動歴をメモする癖をつけるなど、万が一ご自身が感染してしまったり、或いは身近に感染者がいたとしても、そこから広げない術を身につけていきましょう。

仙台市青葉区保健福祉センターはこちら↓
宮城県仙台市青葉区上杉1丁目5−1