2020年9月19日(土)19:45から『函館合同花火2020〜未来への希望の光』市内数か所で10分ほど、花火が打ち上げられます!
今年は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため中止となった花火大会が多いですが、毎年7月に開催される函館新聞 函館港花火大会が延期となっていました。
その花火大会が、函館新聞社と2020年に創立70周年を迎えた函館青年会議所との共催で、密を避けるため観覧席は設けず、打ち上げ場所は事前告知無し、市内数か所から合計3000発の花火が打ち上げるという、新たな形で実施させるそうです。
花火のルーツは、悪疫退散祈願を目的として花火を打ち上げたことが花火大会の起源ともいわれています。
鎮魂を目的としてお盆近くに行われる花火大会も多く、復興を願う形の花火などもこれまで多く打ち上げられてきました。
もしかしたら、今年は、家のすぐ近くで花火を見られるかもしれません。
地元ケーブルテレビ局NCVによる生中継や、WEBでも同時配信が予定されているそうですので、今年の花火大会は新たな形で楽しむことができそうです。