上永谷駅前のラポルトビルに、カレー専門店の「カレーダイナー38」がオープンしています!(2020年8月23日から)
一階、トリゴコロの向かいにあります。青い扉と白い壁の組み合わせが爽やかで、まるでカフェのようなお洒落な店構えです。女性でも入りやすい雰囲気です♪
メニューは今のところ、「アンガスビーフのトラディショナルカレー」と「クリーミーバターチキンカレー」の二種類です。
自家製のブイヨンとオリジナルブレンドのスパイスで作られたルーに、毎朝玄米から精米されるお米とのタッグは、まさに専門店の味と言えそうです。
また、ライスの量と辛さの段階を細かくセレクトできるので、自分好みのカレーが食べられそうですね。
「アンガスビーフのトラディショナルカレー」は、王道の欧風カレーとのことです。
欧風カレーは、一般的に「スパイスをメインに乳製品やブイヨンでまろやかに仕上げるカレー」を指すので、本格スパイシーでありながら日本人の口に合うお味ではないでしょうか。
また、バターチキンカレーはトマトやヨーグルトの酸味と独特のクリーミーさがクセになる食べやすいカレーです。
インドカレー屋さんでも大抵人気ランキング一位に君臨していて、もはや定番のカレーですね。
カレーダイナー38のバターチキンカレーも、甘めの味付けになっていて、爽やかなハーブ系スパイスの香りがアクセントになっているみたいです。
すっかりカレーが食べたくなってしまったという方は、ぜひ訪れてみてくださいね♪

ラポルトビルラポルト上永谷
〒233-0013 神奈川県横浜市港南区丸山台1丁目13−1