リモートワークの増加などによって最近人気が高まっているコワーキングスペース(貸しスペース)が、ついに東区にも登場しました。
マーケットシティ河渡内にある蔦屋書店河渡店内に2020年11月21日(土)、コワーキングスペース「crosslounge+(クロスラウンジプラス)」がオープン。
新潟県内の蔦屋書店では初めてのサービスとのこと。どんな雰囲気やサービスなのか体験したくて、お店へ行ってみました!
書店内にオープンしたコワーキングスペースは、木目調の家具と明るい照明でおしゃれなカフェのよう。
テレビモニター付きの少人数向け貸し会議室もありました。
座席にもよりますが電源コンセントとUSBポートがあり、パソコンやスマホなどを持ち込んで作業することが来ます。無料Wi-Fiも利用可能です。
そして書店ならではのメリットとして、文庫本や雑誌など店内にある本(ビニールがけなどがされていないもの)を3冊まで持ち込むことが可能です。
まさか購入していない本をゆっくりと読むことができるなんて、驚きです!
隣のレジカウンターの音はほとんど気にならず、居心地が良いと感じました。
自宅では集中しづらい作業も、ここなら快適にできそうです!
興味のある方はスタッフの方に声をかければ、ラウンジ内の見学もできるそうです。
利用について詳しくは「crosslounge+」のホームページをご覧ください。

「crosslounge+」のある蔦屋書店河渡店はこちら
新潟県新潟市東区河渡庚167